視力回復の手術、レーシック・イントラレーシックに関する情報をまとめたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシック(LASIK:Laser-Assisted In Situ Keratomileusis)とは、視力矯正手術のひとつで、レーザーを照射して角膜の屈折力を変え、焦点を整えることによって近視・乱視・遠視を矯正するという手術です。

レーザーはエキシマレーザーという医療用レーザーが用いられています。エキシマレーザーとは、眼の角膜表面だけに作用し、角膜を透過しません。また、レーザー特有の熱や衝撃波が発生せず、照射はコンピュータで制御され、ミクロ単位という高い精度で角膜の形を整えることができます。

レーシックと一言で言ってもいろんな手術方法があります。
詳しくは、カテゴリーを参照ください(^^)

スポンサーサイト
レーシック(LASIK)とは、マイクロケラトームという眼球専用の小さなカンナのようなもので、角膜にフラップ(ふたのようなもの)を作り、このフラップをめくります。そして高精度の医療用エキシマレーザーを角膜に照射し、屈折を矯正することで視力を回復させる手術です。この手術では、近視・乱視・遠視を治すことができます。


【この手術の良い点】
・手術中の痛みがほとんどない
・視力の安定が他の手術に比べて早いので、両目同時に手術可能
・手術が両目で約20分程度で終わり、入院の必要がない

ただ、非常にまれらしいですが、手術の際、フラップの位置がずれたり、切りすぎてしまうことがあるようなので、設備が整った、実績の多い病院やクリニックを選ぶことをおすすめします(^^)☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。