視力回復の手術、レーシック・イントラレーシックに関する情報をまとめたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サハラ症候群
サハラ症候群とは、角膜とフラップ間におこる術後の炎症で、白濁がおきます。症状は、かすみ、異物感などがあり、ステロイド点眼により治療します。


収差
収差とは、光の波長の違い、または光線がレンズを通過する角度や位置によって、光線の束の集まる位置(焦点)がずれる現象のことです。正常な場合、角膜、水晶体を通過した光線が網膜上の一点に束となって集まるのですが、収差の場合は、光線が網膜上の一点に集まらず、物が見えづらい状態になります。
収差には、近視や乱視といった低次収差と不正乱視などの高次収差があります。


正乱視
正乱視とは、一般的によく言われている乱視のことで、角膜のカーブの形が縦、横方向に違っていることで屈折した光が1点に集まらず、2ヶ所で焦点を結ぶ状態のことをいいます。正乱視の場合、眼鏡やコンタクトでの矯正が可能です。
正乱視に対し、不正乱視があります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。