視力回復の手術、レーシック・イントラレーシックに関する情報をまとめたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェーブフロントレーシック(WAVEFRONT LASIK)とは、ウェーブフロントアナライザーという最先端の検査機器を使って、通常のレーシックでは不可能だった細かな歪み(高次収差)を解析し、個人の眼に合わせてよりピッタリな角膜手術を行うものです。

【この手術の良い点】
・不正乱視の矯正ができる
・夜間に光がぼやけてみえたり(ハロー)、まぶしく感じる(グレア)現象を軽減できる

また、夜間の仕事が多い方、見え方の質を重視する仕事に従事している方、近視が強い方などにも適しています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。