視力回復の手術、レーシック・イントラレーシックに関する情報をまとめたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラセック(LASEK)とは、アルコールを眼の表面に浸し、柔らかくなった角膜上皮をめくって非常に薄いフラップを作成、エキシマレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復手術です。非常に薄いフラップを作成するので、角膜の厚みを十分残すことができます。治療機関によって、ラセック、ラゼック、レーゼックなど、読み方が違うところもあります。

【この手術の良い点】
・角膜の薄い方や強度近視の方も手術可能
・ピーアールケー(PRK)に比べ、角膜への障害が少ない

また、エピレーシック同様、作成された薄い上皮のフラップはとても再生能力が高く、約2週間程で新しい上皮に生まれ変わるので、強い衝撃を受けてもフラップがずれないというメリットもあり、格闘技などの激しいスポーツをする方にもむいています。
ただし、レーシックに比べて術後の痛みが強く、回復に時間がかかるという短所や、アルコールでふやかすので、レーザー照射の精度に誤差が生じる可能性もあります。また、ごく稀ですが、角膜混濁になったり角膜上皮の下にあるボーマン膜を除去してしまうこともあるようなので、経験豊かな医師のいる病院やクリニックを選ぶことが重要です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。