視力回復の手術、レーシック・イントラレーシックに関する情報をまとめたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピーアールケー(PRK)とは、角膜上皮を取り除いた後、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を矯正する視力回復手術で、レーシックのようにフラップを作成しません。以前は、角膜上皮をメスで削り取っていましたが、現在は角膜上皮をレーザーで蒸発させる手術が主流となっています。

【この手術の良い点】
・フラップ作成に伴うリスクがない
・角膜の薄い方も手術可能

また、角膜上皮の再生能力が高く、約2週間程で新しい上皮に生まれ変わるので、強い衝撃を受けてもフラップがずれないというメリットもあり、格闘技などの激しいスポーツをする方にも向いています。
ただし、神経の多い角膜上皮を一時的に損失してしまうので術後の痛みがかなり強く、回復に時間がかかり、角膜上皮が再生するまで保護用コンタクトレンズをつける必要があります。
通常、エキシマレーザーを照射すると、周辺より中心部の方が深く切除され、術後に遠視の症状がでることがあります。これを改善したのがフレックスPRKで、滑らかで均一な切除が可能となりました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。