視力回復の手術、レーシック・イントラレーシックに関する情報をまとめたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イントラレーシック(INTRA LASIK)は、レーシックで使うマイクロケラトームの代わりに、レーザーを用いてフラップを作成します。全てコンピュータ制御によりフラップを作成するので、フラップの厚みやフラップの大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置・長さを自由に設定できる手術です。

【この手術の良い点】
・角膜形状の問題により、マイクロケラトームではフラップの作成が困難だった方でも、手術をうけることができる
・マイクロケラトームに比べてフラップを薄く作ることができるため、角膜が薄い方や強度近視の方にも対応可能
・他の手術に比べて、術後におこる可能性のあるドライアイの発生率が低い

イントラレーシックにはフラップ作成に時間がかかるという欠点もあります。マイクロケラトームで作成すれば10秒程度で作れるのですが、イントラレーシックの場合は1分程度かかります。 また、マイクロケラトームを使った場合に比べ、層間角膜炎の発生の可能性が高い、術後のフラップの接着が遅いというデメリットもあります。

ウェーブフロントレーシック(WAVEFRONT LASIK)とは、ウェーブフロントアナライザーという最先端の検査機器を使って、通常のレーシックでは不可能だった細かな歪み(高次収差)を解析し、個人の眼に合わせてよりピッタリな角膜手術を行うものです。

【この手術の良い点】
・不正乱視の矯正ができる
・夜間に光がぼやけてみえたり(ハロー)、まぶしく感じる(グレア)現象を軽減できる

また、夜間の仕事が多い方、見え方の質を重視する仕事に従事している方、近視が強い方などにも適しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。